試行錯誤な旅人生

放浪の旅から帰国した31歳女子。旅を続けていきたい人生と現実問題の間で、たまーに悩んで試行錯誤しながら前進(?)中。

英語・海外

黒人女性の髪型の秘密ー彼女たちにとってヘアスタイルとはー

こんにちは、りあです! フランス人の友達アンがしばらくうちに泊まることになりました。 彼女はコンゴ系フランス人の黒人で、フランスやアフリカのことをたくさん教えてくれます。 黒人の女性と言えば、特徴的でかっこいい髪型をしてますよね。 しかしアン…

富士の樹海(青木ヶ原)の名を世界で一躍有名にしたドキュメンタリーを観てみた

外国人の友達と話をしたりすると気づくのですが、日本について意外なことが世界で結構知られていたりします。中にはマニアックすぎて、え、そんな事まで!?と私が驚いたり。 今日は、その中でも「富士の樹海」について。 実は、海外では日本の富士の樹海は…

TOEIC900点を狙って大失敗した話

こんにちは、りあです。 先日、TOEICの試験を受けたのですが、惨敗して終わりました。 決して安くはない受験料、私の日曜日、費やしたエネルギーがムダになった・・・とちょっと落ち込んだのですが、いっそのこと開き直って記事にしちゃえ。と思い立ちました…

外国人の友達に本当に喜ばれた東京の穴場観光スポット7選

私は今までに何度か、海外から遊びにきた外国人の友人に東京を案内したことがあるのですが、彼女たちは私が驚くくらいたくさんの情報をすでに持っていました。 東京タワーや浅草など、定番の観光スポットを案内したら当然すでに知っていて、喜んではくれたけ…

世界中で日本人だけしかやっていない行動3選

日本で生活しているときは、当たり前すぎて意識もしないこと。 でも海外に行ってみると、全然普通ではなく、日本特有の文化だったんだなーと気づくことがあります。 「お辞儀をする」「お箸を使う」などは日本の文化でもあるけれど、アジア圏に広く共通する…

【ワーキングホリデー】人見知りでも外国人の友達を作る方法

こんにちは、りあです! これから私のオーストラリアでのワーホリの経験をちょこちょこ書いていこうと思います。今日は第一弾。 実は私は人見知りで、人と打ち解けるのに時間がかかってしまうタイプです。 でも海外に行ったら、気心の知れた幼馴染も助けてく…

本物の英語力をアップする!ランゲージエクスチェンジのすすめ【英語学習方法】

英語を勉強するとき、机にかじりついていませんか? 英会話レッスンに高いお金を払ったりしていませんか? 英語はもっと自由に学べるもの! 今まで英語の勉強にほとんどお金をかけたことがない私が、日本でもオーストラリアのワーホリ時代でも実践していた、…

自宅で国際交流!カウチサーフィンレポートーホストをする編-

カウチサーフィンとは、泊まる場所が欲しい旅人と、旅人を泊めてもいいよっていう人をつなげるサービス。 もちろん自分が海外に行ったときに泊めてもらう場所を探すこともできるけど、逆に自分が住んでいる街を登録しておけば、自分がホストとして旅人を泊め…

女子一人旅カウチサーフィンレポート-泊めてもらう編-

タダで地元の人の家に泊めてもらえるカウチサーフィンは、節約旅の強い味方。 でもそれだけじゃなくて、ローカルの人と知り合えたら、その国の文化をより深く知ることができるし、ガイドブックには載っていないディープな街の情報を教えてもらえるし、素敵な…

日本人はレイシスト(人種差別主義者)だと面と向かって言われた話

数年前、GACKTがフランスのレストランで、差別的な扱いを受けたことが話題になりましたよね。 GACKTあきれた、フランスで露骨な人種差別 - 芸能 : 日刊スポーツ 海外で起こったアジア人や黒人差別がニュースになることもあります。 その度に、「この時…

若者がもっと海外に出ないと日本は危ないと思う。

「20代後半、30代はどう生きたいかを考える時期で、それが実現し始めて人生で一番楽しいのが40代からだ」 オーストラリアのワーホリ時代、何でもない会話の中である人が言ってたのですが、私は事あるごとに思い出す言葉でもあります。 そうか、若いうちが一…

宿代節約だけじゃないカウチサーフィンの魅力!女子でも安全?

私が一人で旅をするときは、たいていカウチサーフィンを利用して現地の人の家に泊めてもらいます。 日本ではカウチサーフィンのホストをして、新しい出会いなんかを楽しんでいます。 ・・・・ちょっと待て。カウチサーフィンて何ぞや? と思う方もいますよね…

海外で働きたい人必見!在外交館派遣員制度とは?

一生に一度は、海外で働いてみたくないですか? でも、ワーキングホリデーは年齢制限があるし、海外で働ける会社に勤めるなんて難しそうだし・・・ そんな人にぴったりの制度があります。その名も、「在外公館派遣員」。外務省のお仕事なので、名前も小難し…