試行錯誤な旅人生

放浪の旅から帰国した30代女。旅を続けていきたい人生と現実問題の間で、たまーに悩んで試行錯誤しながら前進(?)中。

ハートの窓にカラフルな天井画!正寿院の魅力とアクセス【京都・宇治田原町】

f:id:rejanaq:20180523212931j:plain

 

こんにちは、りあです!

最近SNSで話題になっている人気急上昇中の京都のお寺、正寿院をご存知でしょうか?

実はこのお寺、宇治田原町という所にあって、京都市内から離れている上、コミュニティーバスでしか行けないようなすごい所にあるんです。

にも関わらず、女子が殺到するその理由とは・・・?

 

 

基本情報

f:id:rejanaq:20180523212651j:plain

 

【正寿院】

京都府宇治田原町にある、高野山真言宗のお寺。創建はおよそ800年前です。

ご本尊は秘仏十一面観音菩薩で、ご開帳は50年に一度だけ。

客殿には、猪目窓(いのめまど)と呼ばれるハート型の窓と160枚もある美しい天井画が話題となり、多くの人を惹きつけています。

 

所在地:京都府綴喜郡宇治田原町奥山田川上149

拝観時間:4~10月は8時半~16時半、11月~3月は8時半~16時

拝観料:大人400円、高校生以下無料

駐車場:無料駐車場あり(30台)

ホームページ:快慶のお不動さん 高野山真言宗 正寿院

 

まずは、本堂を拝観

まずは受付を済ませたら、本堂へ。

本尊は50年に一度だけご開帳される、秘仏・十一面観音菩薩様。

金運アップ、無病息災、家内安全、縁結びなどのご利益があるんだそうです。

 

f:id:rejanaq:20180526005404j:plain

お賽銭箱の上から、五色の紐が垂れています。

これは結いの紐と言って、ご本尊・十一面観音菩薩様の指に繋がっているんだそう。

この結いの紐を両手で挟んで、お願い事をします。

 

f:id:rejanaq:20180526011450j:plain

正寿院と言えば、カラフルな美しい天井画が有名ですが、その天井画の元となったのが、こちら本堂の天井に描かれた天井画。

江戸時代の作品だそうです。

 

f:id:rejanaq:20180526013046j:plain

ところどころに隠れたハート型が!

ハート型を「猪目」と言って、古くからお寺や神社の建築装飾として使用されていたそう。災いを除き、福を招くという意味があるそうです。

ちなみに「猪目」とは、読んで字のごとく「イノシシの目」の形に似ているからなんだそうです。

 

f:id:rejanaq:20180526013128j:plain

ここにも!

 

f:id:rejanaq:20180526013759j:plain

立派な虎竹図もありました。

 

地蔵堂と叶紐(かのうひも)

毎月8の付く日(8日、18日、28日)だけ参拝者に叶紐が授与されます。

持ち帰っても良し、この地蔵堂に願いをこめて結んでも良し。

 

f:id:rejanaq:20180526013957j:plain

 

f:id:rejanaq:20180523213226j:plain

カラフルな叶紐がとってもかわいい♡

 

f:id:rejanaq:20180523212723j:plain

落ち着いた雰囲気のお庭も素敵です。

 

f:id:rejanaq:20180526014514j:plain

お庭に何体かかわいいお地蔵さんがいますよ^^

 

客殿でハート窓と天井画を堪能

本堂での拝観が終わったら、客殿へ。

ハート窓「猪目窓」と天井画があるのは、客殿なのです。

 

f:id:rejanaq:20180526084828j:plain

 

f:id:rejanaq:20180526085625j:plain

客殿に一歩足を踏み入れると、ほら。

奥に猪目窓、上には天井画が広がります。

とても真新しい感じがしますね。それもそのはず、この拝殿は2017年完成なんです。

 

f:id:rejanaq:20180526085959j:plain

こちらが、お待ちかねの猪目窓!

このハート型を見るために、京都市内から数時間かけて女の子たちが殺到しているのです!

猪目窓から見える景色も、季節によって様々。

春は満開の桜、夏は新緑、秋は紅葉で真っ赤に、そして冬は雪景色。

いつ来ても違う景気が見られますね^^

 

f:id:rejanaq:20180526090712j:plain

もう一つのメイン、天井窓も見事ですね!

寝転がって撮影してもOKなんだそうです!というわけでお言葉に甘えて^^;

でも、広すぎて一枚には収まりませんね~。

 

f:id:rejanaq:20180526090732j:plain

一枚一枚違います。

それぞれ、とても精巧な絵になっています。

なんと全部で160枚!

 

f:id:rejanaq:20180523213049j:plain

拝殿から見えるお庭も、心休まる素敵なお庭です。

向こうの里山の景色もいいですね。

 

アクセス

 

正寿院は、この通り古い家々が並ぶ、ちょっとした山の中にあります。

そのため、アクセスがなかなか難解です^^;

京都市内からの参観は、1日がかりになることを覚悟して行った方がいいですよ!

 

f:id:rejanaq:20180523213244j:plain

 

■ 電車+バスの場合

JR宇治駅または近鉄新田辺駅より京都京阪バスで30分、バス停「維中前」下車

コミュニティバスで15分、バス停「奥山田」下車し徒歩10分

 

JR宇治駅または近鉄新田辺駅から「維中前」バス停へ向かうバスは少ないです。

だいたい1時間に1本くらい。

待ち時間を短縮したい場合、事前に時刻表を調べておきましょう^^

路線バス | 京阪バス株式会社

 

バス停「維中前」から正寿院の最寄りバス停「奥山田」まではコミュニティバスで行くしかありません。

コミュニティバスは定員13人。もしも満員の場合は、地元の方が優先となります。

このコミュニティバスもかなり本数が少ないです。

イザというときは、維中前からタクシーに乗る覚悟で行きましょう!!

※タクシーでだいたい15分です。

 

コミュニティバスの時刻表を載せておきます。

※2018年5月時点の情報です。

 

【平日】 

f:id:rejanaq:20180526204138j:plain

※クリックすると拡大します

 

【土・日・祝】

f:id:rejanaq:20180526205110j:plain

※クリックすると拡大します

 

f:id:rejanaq:20180526205308j:plain

ちなみに、コミュニティバスはこんな見た目。

 

f:id:rejanaq:20180526205405j:plain

正寿院の最寄りバス停「奥山田」はこんな感じです。

 

土、日、祝、お盆休み限定で、無料のうじたわら観光周遊バスも運行します。

バス停「維中前」から正寿院最寄りバス停「奥山田会館」下車、徒歩20分です。

時刻表などはこちら→うじたわら観光周遊バスを運行 | 宇治田原町

 

■ 車の場合

無料駐車場が30台分あります。

 

おわりに

いかがでしたか?ハート型の窓にカラフルな天井画のある正寿院!

アクセスはかなり難解で、私はちゃんと時刻表を調べないで行ったので4時間くらいかかりました~^^;

皆さまはぜひ気を付けてください!

でもそれだけの時間と手間をかけてでも、女子としてはぜひ行ってみたい場所ですよね。

ちなみに、宇治も素敵な場所ですので、合わせて観光されると良いと思います。

宇治観光についてはまた次回の記事で★

 

www.rejanaq.com