試行錯誤な旅人生

放浪の旅から帰国した31歳女子。旅を続けていきたい人生と現実問題の間で、たまーに悩んで試行錯誤しながら前進(?)中。

絶景!富士の樹海(青木ヶ原)のハイキングコース【山梨・富士西湖】

f:id:rejanaq:20170601225139j:plain


富士の樹海と言えば、どんよりと暗くて誰も寄り付かないイメージです。

でも本当は生命感の強い、自然のパワーあふれる場所ですよ。

手つかずの原生林あり、目の前に富士山あり、洞窟あり。冒険要素がたっぷりのハイキングコースです。

 

青木ヶ原樹海

富士山麓の北西に広がる約30㎢の森。864年の富士山の大噴火で流れ出た溶岩の上にできた原生林です。

自殺の名所として国内外で有名であり、「一度入ったら出られない」「コンパスが使えない」などの怖い噂がありますが、「コンパスが使えない」は都市伝説のようです。「一度入ったら出られない」は・・・いったんトレッキングコースから外れれば本当でしょう。それぐらいに深い森です。

近年は、その美しさがだんだん注目されるようになり、ネイチャーツアーやケービングツアーも増えてきました。

 

ハイキングルート

f:id:rejanaq:20170605230707j:plain

青木ヶ原樹海のハイキングコースはいくつもあります。
自分の見たいもの、行きたい所に合わせて決めるといいと思いますが、迷う場合はネイチャーガイドツアーの基本ルートを歩いてみてはいかがでしょうか(上のマップの太線)。ガイドツアーを利用するのも手です。

西湖野鳥の森公園、根場浜入口、西湖コウモリ穴入口あたりからスタートする人が多いようです。

どの入口も河口湖駅から西湖周遊バスで行けます。西湖コウモリ穴までなら35分くらい、野鳥の森公園までは40分くらいです。

 

f:id:rejanaq:20170605230726j:plain

 私たちのルートは黒でなぞったルート。

コウモリ穴入口→西湖民宿村→紅葉台→三湖台→紅葉台に戻る→竜宮洞穴→鳴沢氷穴→富岳風穴

のルートです。休憩含め約4時間かかりました。

 

ただひたすらに樹海を満喫したい場合は、森の中を突っ切るルートがいいと思います。

私たちの行った紅葉台、三湖台を通る場合は、前半の半分くらいが登山になります。

 

観光案内所

まずは河口湖駅の観光案内所でハイキングマップをゲット。
河口湖駅は、河口湖・西湖観光の玄関口。
観光案内所に行けば地図だけでなく情報もたくさんもらえます。

 

ハイキングコースの見所

西湖コウモリ穴

f:id:rejanaq:20170605234607j:plain

西湖コウモリ穴/富士の国やまなし観光ネット 山梨県公式観光情報

ここのバス停で降ります。

私たちは体力温存のため素通りしましたが、洞窟の中に入れます。コウモリは奥の保護区にいるので見ることはできません。

高校生以上300円、小・中学生150円
9時00分~17時00分(最終入場16時30分) 
※12月1日~3月19日はコウモリ保護のため入洞できません。
 

これが富士の樹海

f:id:rejanaq:20170601225031j:plain

一歩足を踏み入れた瞬間から、独特の雰囲気があります。うまく説明できないですが、うわーって思う。

原生林の中に光が差し込む幻想的な光景。

見てください、木の根っこがむき出しです。溶岩の上にできた薄い土壌に立っているので、根を深く張ることができないんですって。

 

トレッキングコースは分かりやすいので、迷うことはないです。外れたら死にます、本当に。あと、自然保護、文化財保護の観点からも禁止だそうです。

 

西湖民宿村

f:id:rejanaq:20170601225105j:plain

樹海の中に民宿があります。ここに泊まるとは、度胸がありますね。。

 

西湖民宿村を過ぎると、紅葉台に向けて登りになります。

まぁまぁキツイですよ~。

この写真はその途中で撮ったものです。

 

紅葉台

f:id:rejanaq:20170601225139j:plain

ちょっと開けた場所に着いたら、そこが紅葉台。

ただの広場じゃん、て思って通り過ぎないでくださいね。ちょっとだけ奥まっているけれど、この景色が見られるんですからー!

ツツジの満開タイミングもベストすぎ。

 

ここで、先に進んでもいいし、寄り道して三湖台の方まで足を伸ばしてもいいです。

紅葉台から三湖台のちょうど真ん中くらいに紅葉台展望レストハウスがあるので、ランチ休憩をしてもいいと思います(紅葉台側から見た場合はかなり古びた見た目ですので、写真と違う印象ですよ)。展望台に登ると、何も遮るものがなく富士山が見られます(大人150円、小人100円)。

 

三湖台

f:id:rejanaq:20170601225214j:plain

三湖台からの景色。樹海を一望。

 

f:id:rejanaq:20170601225304j:plain

三湖台からの富士山。ひときわ大きい。

こんな大きい富士山を見たことはないです。遠回りして登って来て良かったなぁ。

 

三湖台から紅葉台まで、もと来た道を戻ります。

紅葉台を少し過ぎた所で、急な下山ルートと緩やかな下山ルートの二手に分かれます。

私たちは竜宮洞穴へ行きたかったので、急な下山ルート。

もしもここまで私たちと同じルートで来たのなら、遠回りになりますが竜宮洞穴まで行った方がいいと思います。なぜなら、竜宮洞穴はおススメだからです。

 

竜宮洞穴

 

f:id:rejanaq:20170601225334j:plain

案内に従って歩くと竜宮洞穴があります。入口の時点でもう寒い。

 

f:id:rejanaq:20170601225422j:plain

大きくはない洞窟ですが、洞窟の中から眺めた森がまた素晴らしい。洞窟内はすごく寒いです。

 

f:id:rejanaq:20170811183805j:plain

あとは樹海に戻って、ひたすら歩くのみ。
鳴沢氷穴、富岳風穴に近づいてくると、出会う人の数も多くなります。

 

鳴沢氷穴・富岳氷穴

f:id:rejanaq:20170601225609j:plain

富士山麓の代表的な溶岩洞窟。中は0-3℃前後だそうで、夏でも氷柱が見られます。

どちらもあまり深くはない洞窟ですが、15分くらいは滞在することになると思うので、長袖の上着があった方がいいと思います。

写真は富岳氷穴です。

それぞれ大人350円、小人200円 毎日9:00~17:15(5月9日~7月15日)

鳴沢氷穴 | 富士山の洞窟 天然記念物 富岳風穴・鳴沢氷穴 | 富士山・河口湖 洞窟 観光スポット

 

ツアー

青木ヶ原樹海をもっと楽しむために、ツアーに参加してみるのもいいですね♪

個人ではできない経験をすることができます。

 

青木ヶ原樹海について幅広い知識を持つガイドによるツアー。歩きながら知識も得られれば散策の楽しみも広がります。

 

個人では絶対に入ることのできない洞窟を探検できるツアーがあります。

これは楽しそう・・・!行ってみたいっ!!!

 

おわりに

どうでしたか?
実はすごい魅力たっぷりの青木ヶ原樹海。
イメージと違って、本当に美しい所です。
河口湖周辺も自然にあふれた町があり、この辺に住んだら幸せだろうなーと思ってしまうくらいでした。
富士山をぜひ一番近くで見てください。

 

★ 青木ヶ原樹海に関する他の記事 ★

www.rejanaq.com