試行錯誤な旅人生

放浪の旅から帰国した30代女。旅を続けていきたい人生と現実問題の間で、たまーに悩んで試行錯誤しながら前進(?)中。

鼎泰豊(ディンタイフォン)の小籠包からの展望台の夜景!台北101で台北の夜を満喫【台湾・台北】

f:id:rejanaq:20180705211808j:plain

 

こんにちは、りあです!

台湾の首都、台北は日本から飛行機で3~4時間で行ける、日本人には人気の観光地ですね。

そんな台北のシンボルと言えば台北101というタワーですが、台北101には超人気の台湾料理店・鼎泰豊(ディンタイフォン)が入っており、さらに89階の展望台からは台北の夜景を一望できるという素晴らしいスポットなんです。

鼎泰豊の小籠包と展望台の夜景、一気に満喫しちゃいましょう★

 

 

台北101へのアクセス

台北101の最寄り駅は、MRT淡水信義線の「台北101/世貿駅」です。

台北のMRTはとってもシンプルで分かりやすい!

空港などでもらえる路線図を見れば、だいたいどこでも行けると思います。

さらに台北101は台北101/世貿駅の目の前にありますから、アクセスはとっても便利。

 

f:id:rejanaq:20180706000845j:plain

台北捷運(MRT)公司モバイルサイト

 

地下1階:鼎泰豊(ディンタイフォン)

f:id:rejanaq:20180705222349j:plain

 

鼎泰豊は、台湾だけでなく日本をはじめとするアジア各国、さらにはアメリカやオーストラリアにも店舗を持つ、超人気の台湾料理店です。

看板メニューはもちろん小籠包。

 

混雑を避けるには? 

鼎泰豊101店は、台北101の中の地下1階に入っています。

忘れてはいけないのは、鼎泰豊台湾人だけでなく、海外からの韓国客も殺到する超人気店ということ。超-------混みます。

さらに、こちらのお店は予約ができないので、並ぶしかありません。

 

どれくらい並ぶかというと・・・・

夕食時はこれくらい。軽く1時間くらいですかね。

f:id:rejanaq:20180705223209j:plain

 

いくら美味しい小籠包を食べたくても、旅行中にまで並ぶのは嫌ですよね・・・。

というわけで、混雑する時間を避けて行くことをおすすめします。

私たちが行ったのは、午後5時この時間なら全く並ばずに入れました!

夕食にはちょっと早いけど、メニューなどを選ぶ時間も考えると、めちゃめちゃ早すぎるわけでもないですよ~^^

 

テーブルについたら

f:id:rejanaq:20180705223628j:plain

 

無事にお店に入れたら、早速小籠包食べ放題しましょう♡

日本人にも大人気の鼎泰豊、メニューは日本語でも書かれているので、注文に困ることはないでしょう。 

日本語が話せるスタッフさんもいました。

 

実は鼎泰豊、小籠包だけでも色々な種類があって、さらに点心類、小菜、麺類、ごはんもの、スープ、デザートなど、メニューはかなり豊富。

私たちは3人で行って、様々なメニューをたらふく食べ、一人500NT$(≒1,800円)くらいでした。

露店では一食100NT$(≒360円)くらいなのを考えるとかなり割高ですが、それでもこの人気なのはすごいですね~! 

 

【鼎泰豊 台北101店】 

営業時間:

日~木 11:00~21:30

金・土・休日前 11:00~22:00

年中無休

 

5階:展望台

さて、お腹が満たされたところで、2つ目のメインイベント・展望台からの夜景を見に行きましょう。

 

お、その前に台北101を地上から見上げてみましたよ。

お~、迫力満点です。

f:id:rejanaq:20180705225914j:plain

 

チケットの買い方

チケット売り場は台北101の5階にあります。

 

f:id:rejanaq:20180705235306j:plain

 

この近未来的なチケットカウンターでチケットを買います。

大人600NT$(≒2,160円)かファストパス1,200NT$(≒4,320円)を選べます。

私が行ったときは20分待ちくらいでしたよ。

受付の人に待ち時間を聞いて、それによってチケットの種類を決めるといいと思います。

 

f:id:rejanaq:20180705235138j:plain

 

チケット入手。

ここからエレベーターに乗るまで、しばらく並びます。

f:id:rejanaq:20180706001218j:plain

 

高速エレベーターで89階へ

なんと、分速1,000m以上の高速エレベーターで一気に89階へ上がります!

そこには!地上382mから見渡す限り夜景が広がります。

東京の夜景よりも暗いけど、カラフルかな?と思いました。

なんにせよ、素晴らしい景色!

 

f:id:rejanaq:20180705235855j:plain

 

88階:ウィンドダンパー 

f:id:rejanaq:20180706001044j:plain

 

この巨大な球体は何!?と思うかもしれませんが、これは台北101の安全対策にとっても大事なもの。

ウィンドダンパーといいます。

台北101は高さ509mを誇るタワーなので、特に台風などのときは受ける風の影響が半端じゃありません。

このシステムで、ビルの揺れを相殺しているんだそうですよ。

このウィンドダンパーは、88階で公開されています。

 

91階:屋外展望台

f:id:rejanaq:20180706002354j:plain

 

台北101のすごいところは、屋外に出て台北市の夜景を眺めることができること!

屋外展望台は91階(390m)にありますよ。

 

f:id:rejanaq:20180706002429j:plain

 

屋外はこんな感じ。

あの夜景を、窓越しじゃなくて自分の目で見られるんです^^

なかなかできない体験ですよね!

 

【展望台】 

営業時間:9:00~22:00(年中無休)

チケット代:大人 600NT$、学生 NT540$、身長115cm以下の子供は無料、ファストパス1,200NT$

 

おわりに 

いかがでしたか?台北101で体験する、鼎泰豊の絶品小籠包と展望台からの最高の夜景!

実は、台北の魅力を一気に味わえるようにということで、台湾人の友人が考えてくれたプランなんですよ。

さすが地元民のアイデアだけあって、大満足でした。

どちらもおすすめですので、台北旅行の際はぜひ行ってみてください★

とっても贅沢な夜になることをお約束します^^