試行錯誤な旅人生

放浪の旅から帰国した31歳女子。旅を続けていきたい人生と現実問題の間で、たまーに悩んで試行錯誤しながら前進(?)中。

蝶が舞う!多摩動物公園の昆虫園が桃源郷のようだった【東京・日野市】

f:id:rejanaq:20170731184633j:plain

 

緑豊かでたくさんの花が咲く美しい庭の中を、無数の蝶がヒラヒラと舞う光景を見たことがありますか?

地上にはないような想像の世界の話みたいでしょ?

でもその場所はなんと、東京都日野市の多摩動物公園の中にあります。

今日は、まるで桃源郷のような多摩動物公園・昆虫園の世界を紹介します(ただし虫嫌いな人は要注意)。

 

基本情報

【多摩動物公園・昆虫園】

 

f:id:rejanaq:20170731185616j:plain

 

アフリカ園、アジア園、オーストラリア園と並ぶ多摩動物公園の目玉の施設です。

上空から見ると、羽を広げた蝶の形をした建物です。

中にある蝶の温室では、1年を通して無数の蝶が舞う様子が見られます。

 

所在地:〒191-0042 東京都日野市程久保7-1-1

開園時間:9時30分~17時(入園および入園券の発売は16時まで)

休園日:水曜日(水曜日が祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日~翌年1月1日)

入園料:一般600円、小人200円、65歳以上300円

駐車場:正門周辺に有料駐車場あり

ホームページ:多摩動物公園公式サイト - 東京ズーネット

 

蝶の温室の様子

f:id:rejanaq:20170731192224j:plain

 

温室の中に入ると、こんな感じ。

人工的なドームの中に、大きな木ときれいな庭があって、ちょっとSF映画の中みたいな光景。すごく広々しています。

 

 

温室内の蝶の映像はこちら。私の撮った動画がイマイチだったので、YouTubeからお借りしました。

数えきれないくらいたくさんの蝶が舞っています。

 

f:id:rejanaq:20170731193416j:plain

オオゴマダラという蝶の本物の生きた幼虫とさなぎ。金色に輝いています!

芸術品みたいに美しいです。

苦手な人はごめんなさい・・・

 

成長するとこうなります↓ 

f:id:rejanaq:20170731194826j:plain

 

蝶は、花から花へせわしくなく飛び回っているので、カメラで捉えるのがものすごく大変です。。

 

f:id:rejanaq:20170731200556j:plain f:id:rejanaq:20170731202553j:plain

 

f:id:rejanaq:20170731200919j:plain

 

f:id:rejanaq:20170731201625j:plain f:id:rejanaq:20170731201854j:plain

 

f:id:rejanaq:20170731202022j:plain

 

ここにいる蝶は、外敵がいないせいか、人が寄って行っても全然逃げないので、すごく近くで撮影できます。

肩や手にとまったりもします。

写真がちゃんと撮れてなくて残念ですが、実際はもっとたくさんの種類の色とりどりの蝶がいますよ!

 

この温室は、「昆虫ユートピア」という名前なのですが、この世界は蝶たちにとっては本当にユートピアみたいです。そこに人間がおじゃましてる感じ。

 

ファミリーのちょっとしたお出かけにも、虫OKの彼女ならデートにもおすすめですよ!

なかなか他では体験できない蝶の世界に浸ってみてください。

 

アクセス

■ 電車の場合

京王線、多摩モノレール「多摩動物公園駅」下車、徒歩1分

 

■ 車の場合正門周辺に有料駐車場があります。

 

おわりに

どうでしたか?多摩動物公園の蝶の温室。

自然に近い状態でのびのび飛ぶ蝶の姿が見られます。

ちなみに、昆虫園には蝶の温室だけじゃなくて、すごい数のバッタとかアリとかも展示されているんですが、写真を載せるのは自粛しました(笑)

お好きな方はぜひ試してみてください。