試行錯誤な旅人生

放浪の旅から帰国した31歳女子。旅を続けていきたい人生と現実問題の間で、たまーに悩んで試行錯誤しながら前進(?)中。

竜神大吊橋で高さ日本一のバンジーを体験!【茨城・常陸太田市】

f:id:rejanaq:20170531234003j:plain

 

ひたち海浜公園でネモフィラを見た帰り、ちょっと北に足を伸ばして竜神大橋にある高さ日本一のバンジージャンプに挑戦してみました!

大学時代を茨城県で過ごした私ですが、茨城県常陸太田市にあるバンジーのことは最近まで知りませんでした。それもそのはず、このバンジーは2014年にできたんですねー。私が卒業してから〇年も後!
茨城県にもついに目玉の観光名所が一つできましたね~

 

竜神大吊橋

f:id:rejanaq:20170611160254j:plain

竜神大吊橋ガイド 竜神大吊橋公式サイト

竜神大橋は、茨城県常陸太田市にある竜神峡の渓谷にかかる吊り橋です。高さが100m、長さは375mあり、歩行者専用の橋としては本州一の長さなんだそうです。

本当に、よくこんな所に作ったなぁ~と思う所にあります。
フリーフォールが大好物という私ですが、最初にこの橋を見たときは、さすがに、え、、ここからは飛べない。。と背筋がゾッとしました。

 

f:id:rejanaq:20170531234148j:plain

 

f:id:rejanaq:20170531234220j:plain

竜神大吊橋の駐車場から。

桜のピンクや新緑の黄緑、深緑、色々な色が混ざっています。春の山ってとてもきれいなんですね。

 

f:id:rejanaq:20170531234311j:plain

真ん中から垂れているのがバンジーのロープです。ここから飛ぶんですよ。

一体誰がバンジージャンプなどというものを考えたんでしょう?正気とは思えません

 

さて、早速受付します。

彼と一緒に行ったのですが、なんとヤツは「お金がないから」と言って飛んでくれませんでした。

え、一人で飛ばす気!!?

全く、今後私に危険が及んだ時、本当に守ってもらえるんでしょーか。と無駄に将来的な不安まであおられました。

周りにも、あの子一人バンジーするの( *´艸`)クスという目で見られてたような気がしますよ。

 

ちなみに、下の矢印の所から飛ぶんですが、付添人も1000円払えばここまで来られます(通常は男が飛んで女が見守る)。

 

f:id:rejanaq:20170611162303j:plain

 

さっきまで晴れていたのに、待っている間に大雨になりました。ちょっと不吉です。

その後は降ったりやんだり。

 

f:id:rejanaq:20170531234413j:plain

橋から見える竜神峡。とても神秘的です。時間があったら、ハイキングもしてみたかったなぁ。
こんな緑に囲まれて飛べるなんて幸せかもしれません。

 

f:id:rejanaq:20170531234340j:plain

上から見下ろすとこんな感じ。写真だと高さが伝わりにくいなぁ。

そして、もうすでに全く恐怖感はなし。

 

f:id:rejanaq:20170611164453j:plain

前の方、もろもろの作業中。

皆さんが次々に飛んでいきます。

 

さて、いよいよ飛びますよ~。

3、2、1、ばんじー!!

f:id:rejanaq:20170531234448j:plain

 

きゃーーー!!

f:id:rejanaq:20170531234513j:plain

 

最初に橋を見たときは、えぇぇぇ!!?と思いましたが、待っている間にすっかり慣れました。

結局、特に躊躇もなく飛ぶ。高い所と、そこから落ちる感覚が大好きなのです。
落ちている時間は、3秒くらいですかねぇ。あ、落ちてる落ちてるーと考えるくらいの時間はありました。
飛び終わった後はすっきり爽快!とってもいい経験でした♪

 

料金

正式な情報・予約はこちらBUNGY JAPANのホームページを参照してくださいね。
私が飛んだ2017/4/22現在では、

1回目    :16,000円
同日2回目  :7,000円
後日2回目  :10,000円
写真・ビデオ :4,000円

でした。ちょーっと割高かなという気もしますね。
ま、一生に一度の経験と思えば^^

 

アクセス

■ 電車、バスの場合
JR水郡線・常陸太田駅下車。その後、茨城交通バス、下高倉行または下高倉・大子行に乗車、竜神大吊橋または竜神大吊橋入口下車(約40分)。


■ 車の場合
常磐自動車道・日立南太田ICから約40分。

 

おわりに

どうでしたか?高さ日本一のバンジー。

自分の意思で100mの高さから飛ぶって、すごいことだと思いませんか?

なかなかできない体験です。いい思い出になりました。

いつもとちょっと違う週末を楽しみたかったら、ぜひ★