試行錯誤な旅人生

放浪の旅から帰国した30代女。旅を続けていきたい人生と現実問題の間で、たまーに悩んで試行錯誤しながら前進(?)中。

湯西川温泉のかまくら祭で雪の中の温泉と絶景を堪能する【栃木・日光市】

f:id:rejanaq:20180220215613j:plain

 

栃木県にある湯西川温泉って知ってますか?

山の中にひっそりとある情緒ある温泉街なのですが、毎年冬にかまくら祭というイベントが開催されます。

冬は雪が降り積もって、本当にきれい。

そんな中で見るかまくらの絶景と温泉は本当に最っ高です。これ以上ない贅沢ですよ!

 

 

 

基本情報

【湯西川温泉・かまくら祭】

栃木県日光市湯西川温泉街で毎年冬に開催されるイベント。

かまくら祭の会場はいくつかありますが、中でも沢口河川敷の「ミニかまくら」は日本夜景遺産にも認定され、見応え十分です。

ミニかまくら以外にも、大きなかまくらの中で鍋やバーベキューを食べたり、雪遊びができるイベントなどがあり、一日中楽しめるようになっています。

 

会場:湯西川温泉街

期間:2018年1月3日(土)~3月4日(日)

時間:9:00~21:00(ミニかまくらライトアップは17:30~。水・木は休み)

ホームページ:湯西川温泉 かまくら祭|イベント|日光旅ナビ

 

 

湯西川温泉

f:id:rejanaq:20180220222715j:plain

 

雰囲気は、山あいにひっそりと佇むとても静かな温泉郷という感じです。

夏もいいですが、冬になると雪が降り積もって本当に美しいです。

上の写真は夕暮れ頃、町中に灯りが灯り始めた時間帯です。

ちなみに、平家の落ち人伝説があるそうで、かなり平家押しです^^

 

湯西川温泉の泉質は、アルカリ性単純温泉。無色透明の刺激が少ない温泉です。

湯西川温泉の素晴らしい所は、多くの旅館が川に面した露天風呂を持っているところ。

とくに冬は贅沢な雪見温泉が楽しめます!

日帰り入浴できる宿もたくさんあります。

静かに降る雪を眺めながらの温泉・・・。至高のひとときですね。

 

f:id:rejanaq:20180220224338j:plain

 

湯西川温泉はこんな雪深い山の中にあり、温泉以外にあまりやることがありません^^;

かまくら祭の期間中は、色々と楽しめるイベントもありますが、基本は宿でくつろいだり、グルメを楽しんだり、温泉でのんびりする感じだと思います。

時間を忘れて、リラックスしましょう~!

 

f:id:rejanaq:20180221201146j:plain

湯西川の郷土料理・汁ばんだい餅♡

魚や野菜から出る出汁が染み渡ります。

 

 

かまくら祭

湯西川温泉・かまくら祭の一番の目玉は、やはり沢口河川敷に作られる、1000個以上のミニかまくら。

夕暮れ時には灯りが灯され、それはもう幻想的な素敵すぎる雰囲気です。

詳しい会場の地図は、公式ホームページこちらのPDFから見られます。

 

f:id:rejanaq:20180221202431p:plain

湯西川温泉 かまくら祭|イベント|日光旅ナビ

 

午後4時頃から、点灯の準備が始まります。

なんと、1000個以上のかまくらに一つ一つ火を入れていくのです。果てしない作業・・・。

これが期間中、水・木以外毎日行われるのですから、本当に地元の方の心意気を感じますね。

f:id:rejanaq:20180221202822j:plain

 

だいたい、全てのかまくらに火が灯るのが午後5時半頃。

あとは、暗くなるのを待つのみです。

f:id:rejanaq:20180221202724j:plain

 

日が暮れるとこんな感じ。

とっても幻想的。柔らかい火の光に見入ってしまいます。

f:id:rejanaq:20180221202845j:plain

 

ちなみに、ミニかまくらの会場だけはなくて、町中が優しくライトアップされてます。

こんなにカラフルなかまくらもありましたよ!

f:id:rejanaq:20180221202910j:plain

 

可愛い雪だるまも♡

f:id:rejanaq:20180221202937j:plain

 

 

防寒はしっかりと!

かまくら祭が行われる1月、2月は、1年で最も寒い時期です。

私が行ったのは2月半ばですが、昼間でも-7度と出ていました。

インナーはしっかり着込んで、ダウンなど温かい上着は必須です。スキー場に行くくらいしっかりした防寒着で出かけてくださいね!

雪もかなり積もってますので、足元は滑りにくい冬用ブーツなどで^^

 

 

アクセス・駐車場

 

 

■ 車の場合

雪がかなり積もっていますから、冬用タイヤが必須です!

山道ですので、雪道に慣れていない場合は電車+バスでのアクセスがおすすめです。

 

かまくら祭の駐車場は平家の里(50台)の他に8ヵ所用意されています。

詳しい場所はこちらで確認してください。

 

電車+バスの場合

野岩鉄道会津鬼怒川線、東武日光線「湯西川温泉」下車。

浅草から直通特急「リバティー」も出ています。

湯西川温泉駅からは日光交通バス湯西川温泉行き乗車約30分「本家伴久旅館前」下車。

沢口河川敷ミニかまくら会場までは、バス停から歩約20分です。

 

 

おわりに

どうでしたか?湯西川温泉のかまくら祭! 

穴場?なのか、土日でもさほどの混雑もなく、ゆったり観賞できると思います。

冬だけに見られる絶景をぜひ楽しんでください!