試行錯誤な旅人生

放浪の旅から帰国した31歳女子。旅を続けていきたい人生と現実問題の間で、たまーに悩んで試行錯誤しながら前進(?)中。

日本三大峡谷・清津峡と立ち姿が美しい美人林をめぐる【新潟・十日町市】

f:id:rejanaq:20170914230335j:plain

 

新潟県十日町市にある清津峡は日本三大峡谷にも数えられ、切り立ったV字谷間をエメラルドグリーンの川が流れる美しい峡谷です。

美人林は、約3ヘクタールの丘陵地に、ブナの木々が空に向かってまっすぐに伸びる、心が洗われるような気分になる清々しい林です。

十日町は見所が多い町で、清津峡や美人林の他にも近くに星峠の棚田などの絶景もあります。全部まわっても車で半日~1日の距離にあるので、ぜひ合わせて行ってみてください♪

 

★ 関連記事 ★

www.rejanaq.com

清津峡

【基本情報】

国の名勝および天然記念物に指定されているほどの景勝地。

落石の危険があることから、渓谷美を見るためには歩行者専用トンネルを通っていきます。

計4つの観賞ポイントがあり、最後のパノラマステーションでは、清津峡の代名詞とも言えるV字の大峡谷の姿を堪能することができます。

 

所在地:〒949-8433 新潟県十日町市小出

全長:750m

所要時間:40~60分

営業:冬期休業(1月中旬~3月31日)以外無休 8:30~17:00(受付は16:00まで)

入坑料:大人600円 小人300円

駐車場:155台分(無料)

 

 

信濃川の支流となる清津川の流れ。

透明度は抜群に高く、不思議なくらい美しいエメラルドグリーンをしています。

f:id:rejanaq:20170914230757j:plain

 

観賞ポイントまでは、このトンネルを通っていきます。

歩道はきれいに整備されて真っ平なので、お子さんもお年寄りも車イスでも安心です。 

f:id:rejanaq:20170914231214j:plain

 

こんな感じで、計4つの観賞ポイントが作られています。

こんな風に峡谷を見ることってなかなかないので、不思議な感じ・・・。

f:id:rejanaq:20170914231601j:plain

 

こちらが見晴所からの眺めです!

この特徴的な絶壁のようになっている岩は柱状節理というそうで、高さは100mもあるんだとか。

f:id:rejanaq:20170914231736j:plain

 

f:id:rejanaq:20170914231830j:plain

 

見晴所の間は、トンネルの中をひたすら歩きます。

たまに展示などはあるものの、全長750mもあるので、途中でちょっと飽きてきました^^;

f:id:rejanaq:20170914231351j:plain

 

こちらが、最後の観賞ポイント、パノラマステーションからの眺め!

V字谷がよく見えます。この眺め、すごいです!!

清津川が何万年もかけて岩を削りこの景観を作ったと思うと、とても感慨深いものがあります。やはり自然の力は絶大ですね。 

f:id:rejanaq:20170914231947j:plain

 

こちらが秋の清津峡。きれいですね~!!

やはり紅葉の時期が一番人気があるそうです。

f:id:rejanaq:20170914232101j:plain

十日町の清津峡 – 十日町市観光協会 どきどき十日町

 

トンネルの前にある河原でちょっと水遊び。

でも清津川の水は夏でもとんでもなく冷たいので、足をつけているのも20秒が限界でした^^;

泳ぐなんてもってのほか・・・。

f:id:rejanaq:20170914232255j:plain

 

ちなみに、清津峡温泉というこぢんまりした温泉街があります。

宿泊だけでなく日帰り温泉もあるので、帰り際にでもいかがでしょうか~♪

f:id:rejanaq:20170914231123j:plain

 

美人林

【基本情報】

清津峡から車で30分ほどの所にあります。

約3ヘクタールの丘陵地に、樹齢約90年のブナの木が生い茂ります。

まっすぐな立ち姿が美しいことから、「美人林」と呼ばれるようになりました。

季節ごとに違う表情が見られる、写真家に人気のスポットです。

 

所在地:十日町市松之山松口1712-2付近

見学:自由(通年)

駐車場:30台分(無料)

 

 

美人林に入ってまず驚くのが、鮮やかな緑!森林浴には最適です。

雪国の林らしく、雪の重さで根元の幹が「根曲がり」しています。

ハイキングコースもあるので、林の中を散歩することもできます^^

f:id:rejanaq:20170914232439j:plain

 

とっても爽やか~。

実際、周辺より2℃程度気温が低いんだそうです。

f:id:rejanaq:20170914232541j:plain

 

季節折々の違った表情があり、どの季節もそれぞれに美しいです。

f:id:rejanaq:20170914233934j:plain

 

野菜の無人直売所があります(営業は5月~11月)。

埼玉では見られない、新潟のご当地野菜をお手頃な値段でゲットしました~!

f:id:rejanaq:20170915233119j:plain

美人林(びじんばやし)/十日町市ホームページ

 

アクセス

清津峡 

 

■ 車の場合

関越自動車道「塩沢・石打IC」より国道353号線へ車で約20分

第1、2、3駐車場合わせて155台分の無料駐車場があります。

 

■ 電車+バスの場合

JR上越新幹線、上越線越後湯沢駅(東口)より森宮野原駅行き急行バス乗車(約25分)

「清津峡入口」バス停で下車(バス停より徒歩約30分)

※バスの時間が少ないので、時刻表を確認してから出かけましょう。 

時刻表など詳細は、十日町の清津峡 – 十日町市観光協会 どきどき十日町を確認してください。

 

美人林

 

■ 車の場合

関越自動車道「越後川口IC」または「塩沢石打IC」より車で60分 

30台分の無料駐車場があります。

 

■ 電車+バスの場合

北越急行ほくほく線「まつだい駅」より松之山温泉行きバス乗車(約15分)

「堺松」バス停で下車(バス停より徒歩20分)

※バスの時間が少ないので、時刻表を確認してから出かけましょう。 

バスの時刻表はこちら:まつだい駅バス時刻表

バス停からの行き方など、十日町の美人林 – 十日町市観光協会 どきどき十日町を参照してください。

 

おわりに

いかがでしたか?清津峡と美人林。

どちらもそれぞれ違った、自然の雄大さを堪能できます。

十日町市は見所が比較的近くに凝縮されていて、旅行者としてはありがたいです。

私たちは、星峠の棚田→美人林→清津峡の順序でまわりました。

棚田での雲海を見るために夜明け前に行動を開始したものの、その後美人林、清津峡と十分に満喫してもまだ正午過ぎくらいでした。

1日あれば余裕をもって楽しめると思います。

ぜひ行ってみてください!