試行錯誤な旅人生

放浪の旅から帰国した31歳女子。旅を続けていきたい人生と現実問題の間で、たまーに悩んで試行錯誤しながら前進(?)中。

本物の英語力をアップする!ランゲージエクスチェンジのすすめ【英語学習方法】

f:id:rejanaq:20170722110411j:plain

 

英語を勉強するとき、机にかじりついていませんか?

英会話レッスンに高いお金を払ったりしていませんか?

英語はもっと自由に学べるもの!

今まで英語の勉強にほとんどお金をかけたことがない私が、日本でもオーストラリアのワーホリ時代でも実践していた、ランゲージエクスチェンジという方法について紹介します。

 

ランゲージエクスチェンジとは?

英語で書くと、Language Exchange。言葉通り、言語の交換です。

具体的には、英語やその他の言語を学びたい人と日本語を学びたい人が、お互いに言葉を教え合ったり、会話したりして外国語を学び合う、Win-Winの関係です。

パートナーになる相手はいろいろ。留学生だったり、ワーキングホリデーで来てる人だったり、日本に住んでいる人だったり。

先生-生徒という関係ではないから、費用はゼロ!むしろ友達関係と思った方がいいです。

 

ランゲージエクスチェンジをすすめる理由

私がずっとやってきて、ほぼメリットしかないからです。

最初は単なるエクスチェンジのパートナーでも、何度も会ううちに本当にいい友達になれたり、逆にこの人とは合わなそうだと思ったら、無理に続ける必要もなし。

相手と話あって決めればいいから、時間と場所は自由。カフェでも公園でも、週末でも仕事帰りでも♪

それに、語学の学習は、実際に使ってみてナンボ!

いくら本を読んで勉強したところで、それを使わなければ定着しないのです。

 

そして最大のメリットは、生きた英語(もちろん英語に限らず!)を学べること。ネイティブの人が使うカジュアルな表現やスラングは、教材からは絶対に学べません。

こういう場合はこういう風に言うんだー。というストックをどんどん増やしていけば、言えることが格段に増えるし、会話していて楽しくなります。

そうしたらもう英語は「学ぶもの」ではなくて、「コミュニケーションツール」になります。

 

デメリットはあるの?

強いてあげるなら、良いパートナーを探すのに時間がかかるかもしれないこと。

会う前にオンラインやメールで連絡を取り合うので、だいたいの印象は分かるんですけど、でも実際に会ってみたら印象と違ったり。

日本語を学ぶ気が全然なかったり。それでもいいんですけど、私の経験上は日本語を真剣に学びたい人をパートナーにした方が長続きする傾向があります。

でも、相性が合う人、必ずいますよ。

1人目がイマイチでも、あきらめないで。語学学習は行動力が命!と私は思ってます。

 

パートナーの見つけ方

日本では、ランゲージエクスチェンジのサイトがあまりポピュラーでなく、あることはあるのですが、登録者があまり多くありません。

 

ということで、Facebookが一番おすすめ!

Facebookで「Foreiners in Japan」や「Foreiners living in Japan」と入れて検索すると、グループがいくつか見つかります。

 

f:id:rejanaq:20170722221609p:plain

 

日本に住む外国人のためのグループだけど、日本人も参加できることが多いです。

グループの掲示板に、簡単な自己紹介と、「ランゲージエクスチェンジのパートナー探してまーす」って書きこめばOK(英語でね!)。いっぱい返事がきます。

ちなみに、特定の国のパートナーを探したい場合は、「日本にいる〇〇人」をその国の言葉で検索すれば、グループが見つかることがあります。

 

Facebookに比べると登録者は少なくなりますが、一応ランゲージエクスチェンジ用のサイトもあります。

いくつかありますが、こちらのConversation Exhangeは一番使い勝手が良かったです。

Conversation Exchange - Language learning with native speakers

プロフィールを公開しておけば、ちらほらメッセージが来ます。

もちろん自分からメッセージを送ることも可能。

 

1対1じゃなくて大勢の方がいい!っていう人にはMeetupがおすすめ!

仲間を見つけよう | Meetup

トップページから、自分が住んでいる地区を指定してキーワードに「Language Exchange」を入れて検索すると、いろいろなイベントが出てきます。

東京だと無料かワンコインくらいのイベントが結構たくさん。何回か行ってみたけど、日本人が多い印象でした。

いっぱいしゃべりたい人には物足りないけど、仲間はできやすいかもね!

 

英語力はどれくらい必要? 

パートナーの日本語力によりますが、日本語が堪能な人は多くはないです。

なので、カタコトでもゆっくりでも辞書を使ってでもいいので、意思疎通ができるくらいの英語力は最低限必要だと思います。

もしも英語力が不安・・という方がいたら、パートナーを募集するときの掲示板に「日本語が分かる人希望」と書くか、まずは上で紹介したMeetupの集まりに参加してみることをおすすめします。慣れてきたら、1対1のパートナーを探してみてください。

 

何を話せばいいの?

それは流れに任せてテキトーに・・と言いたいですが、慣れないうちはなかなか話も弾みにくいですよね。まして、バックグラウンドも文化も違う相手だしね。

1、2回会ってみて、自己紹介やお互いの国の話もし終わったし、話題に困るなーっていう場合は、会う場所を工夫してみてはいかがですか?

例えば、毎回同じカフェだとつまらないから、居酒屋にしてみたりカラオケにしてみたり。ちょっとした日本の文化を感じられる所に行けば、そこから話題も生まれるかもしれません。

最初から、共通の趣味があるパートナーを探すのも手です。

 

おわりに

いかがでしたか?

ランゲージエクスチェンジのパートナーを見つけるのは、全然難しくないことです。

ただ行動あるのみ!

もしも英語が喋れるようになりたいって本気で思う人がいたら、ぜひ試してほしい方法です。

 

ちなみに、私の経験ではエクスチェンジのパートナーの女の子と一緒に銭湯に行ったら、すごく喜んでもらえました。

オーストラリアでエクスチェンジをしていたときのパートナーが、何日もかけて街全体を見せてくれたのがすごく嬉しかったから、私も日本に来ている子に同じようにしてあげたいなと思います。