試行錯誤な旅人生

放浪の旅から帰国した31歳女子。旅を続けていきたい人生と現実問題の間で、たまーに悩んで試行錯誤しながら前進(?)中。

ここが東京!?南沢あじさい山の見頃、アクセス、混雑状況【東京あきる野市】

f:id:rejanaq:20170625205654j:plain

 

関東の紫陽花の名所と言えば、鎌倉を思い浮かべる方が多いと思いますが、私の一押しはここ、東京都あきる野市にある南沢あじさい山です。

林の中に、1万株のあじさい。圧巻です!

都心からたった1時間。東京とは思えない自然豊かな里山にある、穴場のあじさいの名所を紹介します。

 

基本情報

【南沢あじさい山】

南澤さんという方の私有地で、あじさいは半世紀をかけて丹精込めて育てられたものなんだそうです。

現在、約1万株のあじさいが植えられています。

 

所在地:〒190-0172 東京都あきる野市深沢368

開山時期:2017/6/10(土)~2017/7/23(日)

開山時間:平日、土日祝 8:00~18:00

入山料:一般500円、小学生以下300円、小学生未満は無料

駐車料金:普通500円、二輪300円

 

見頃

あじさいと言えば6月上旬にピークを迎えるイメージですが、こちらのあじさいは通常より遅く、例年では6月中旬~7月中旬が見頃となります。

私たちは2017/6/25に行き、そのときに7分咲きでした。もう十分に見頃でしたが、満開を見たい場合は、7月の上旬以降に行かれるのがよいと思います。

 

★開花情報★

南沢あじさい山開花情報|都心から60分の大自然「秋川渓谷」|あきる野観光協会【公式】ホームページ

 

道案内

まずはあじさいの細道からスタート。

f:id:rejanaq:20170625215602j:plain

 

あじさいの細道を抜けると、いきなり林の中にあじさいの光景が広がります。もう圧巻の一言・・・!

これで7分咲きです。

f:id:rejanaq:20170625205654j:plain

 

f:id:rejanaq:20170625204802j:plain

 

f:id:rejanaq:20170625214314j:plain

 

ちなみに満開時は、

f:id:rejanaq:20170625214713p:plain

南沢あじさい山オープン!|都心から60分の大自然「秋川渓谷」|あきる野観光協会【公式】ホームページ

 

フォトスペースという小さなスペースがあり、ちょっと高い所から一面のあじさいを見渡せるようになっています。

こんなに!

f:id:rejanaq:20170625220131j:plain

 

里山のあじさいのコラボレーションも。

f:id:rejanaq:20170625220355j:plain

 

南沢あじさい山では、通常見られないような色々な種類のあじさいが見られます。

f:id:rejanaq:20170625220448j:plain f:id:rejanaq:20170625220508j:plain

 

f:id:rejanaq:20170625220527j:plain f:id:rejanaq:20170625220548j:plain

 

帰り道には、山小屋風の素敵なレストランで休憩♪

竹林の隣で、緑を満喫しながら軽食やコーヒーがいただけます。

f:id:rejanaq:20170625220626j:plain

 

混雑状況

週末でも人はさほど多くなく、静かな雰囲気の中でゆっくりと鑑賞できます。

 

アクセス

最寄り駅はJR五日市線武蔵五日市駅。新宿から約1時間です。

駅からは車で約10分、南沢あじさい山の入り口付近に20台ほどの駐車場があります(駐車料金:普通500円、二輪300円)。

徒歩の場合は約40分、タクシーだと1000~1300円です。

 

おわりに

いかがでしたか?東京の穴場のあじさいの名所・南沢あじさい山。

今まで半世紀も、ずっと一人で管理されてこられたんだそうです。本当に見事な景色です。

とても静かで、周りの大自然の風景も抜群。

ぜひ足を運んでみてください。