試行錯誤な旅人生

放浪の旅から帰国した31歳女子。旅を続けていきたい人生と現実問題の間で、たまーに悩んで試行錯誤しながら前進(?)中。

私の副業・マッサージの仕事を紹介します。【収入・シフト・環境】

f:id:rejanaq:20170618205938j:plain

 

こんにちは、りあです。

今日は私が副業としてやっているマッサージの仕事を紹介します。

今の時代、副業と言えば、ブログや在宅ワークなど、時間や場所にとらわれない仕事をしている方も多いですよね。

私もいずれはそうなりたいなぁと思いつつ、まずは興味があるマッサージから始めてみることにしました。

 

 

先に言っておくと、今回はマッサージを始めた私の話であり、素人の感想となっております^^;

君のアルバイトの話はどーでもいーよ、と思われる方にはすみませんが、今日のところはサッと読み飛ばしちゃってください。

 

前に拝見したある方のブログにこのようなことが書かれていました。

「ブログとは本来、書きたいものを書くものである」

・・・確かに。

言われてみれば当然なのですが、私はなんとなく感銘を受けてしまいました。

 

というわけで、今日は私の日です。イェイ★

私がマッサージ屋で働くことについての何でもない記事を書かせて頂きます。

 

マッサージ店で働く

1年働いて3ヶ月休んで旅、というスパンでやっていこうと思っている私は、どこかで人より多く働かなくてはなりません。

かと言って、本来怠け者の私は、近くて、興味があって、シフトの自由がきく仕事、という条件で副業を探しておりました。

そんな仕事はないかもな~と思ったら、あったんです!

それが今の仕事場^^

 

資格はいる?

ただいま、某マッサージチェーン店で働いています。1時間3000円のよくあるお店です。

もともと少しアロマの経験があったのですが、ほぐし系は初めて。未経験からのスタートです。

資格はいりません。

1ヶ月間、昼間の仕事の後にほぼ毎日トレーニングをみっちり受け、試験に合格したら晴れてデビュー。

 

― マッサージ裏事情 ―

裏事情というほどのことではありませんけれども。

そもそも、マッサージ系のお店はたくさんあって、私も把握しきれないくらいいろんな種類があります。

整骨院/接骨院、治療院、もみほぐし、整体、カイロプラクティック、リフレクソロジー、タイ古式マッサージ、アロマ、リンパドレナージュ・・・・・

そのうち、国家資格が必要なのは、整骨院/接骨院、治療院のみで、あとは民間資格または無資格です。

 

国家資格を必要とするところは「治療」を目的にするところ、そのほかは「ボディケア」や「リラクゼーション」を目的にするところです。

施術の目的が違うので、お客さんに誤解を与えてはいけません。

そのため、国家資格所有者以外は、お客さんに対して「マッサージ」、「治療」、「治る」などの言葉を使ってはいけません。また、そういう広告も禁止です。

まぁ、やっていることはマッサージなのですが、誤解を生まないようお客さんに対して使ってはいけないのです。

 

というわけで、リラクゼーションというのはグレーな領域だと議論を呼んだりもしているのですが、ほぐし系のお店で働いている私としては、お客さんが「疲れを癒したい」「肩こりを和らげたい」という目的で来るのであれば、全く問題ないことだと思っています。

もちろん無資格と言っても、押しては危険な部位、力の加減など最低限の知識はつけておくべきです。

 

お客さん自身でちゃんと見極めることも大切です。

もしもヘルニア持ちで腰痛がつらい、とか寝違えて痛い・・・のような「治療」が必要なときは、リラクゼーションではなく整骨院や治療院に行きましょう。

 

※このブログでは、分かりやすくするために、私の仕事を「マッサージ」と呼んでいますが、ほぐし系のリラクゼーションのお店です。

 

働いてみてどうだった?

収入

これはマッサージ店にはありがちの完全歩合制です。

施術したらしただけ収入になり、もしもお客さんが来なかった場合は収入はゼロです。

春~夏はマッサージ店の書き入れ時。逆に冬は閑散期です。

私のお店では、冬の閑散期はただの閑散期ではなく、絵に描いたような閑散期でした。ひまでした。

でも、春夏は忙しいので、私の場合は週に2~3回勤務で平均すると5万円くらいの収入になり、とても助かっています。

 

シフト

自由です。

同僚と相談して調整すれば、いつ来ても良く、いつ帰ってもよい。

全てのマッサージチェーンがそうだとは決して思いませんが、うちのお店の場合は完全歩合制だからなのか、働く側にとても有利な条件です。

私の場合は、昼間の仕事の後に週1~2回と、土曜に働いています。疲れたら帰ります

先月は忙しくて1ヶ月丸々休みましたが、今月は何事もなかったかのように復帰しました。

こういう仕事はめったになく、どうしても働けない期間がある私にとってはとてもありがたいことです。

かつお客さんがいない時間は、寝るでもスマホするでも勉強するでも、なんでもOKです。私はこの時間を利用してよく筋トレしてます。

 

スキル

1ヶ月の研修で十分か?と聞かれたら、十分ではないかもしれませんが、1時間施術できる内容を学べます。

最低限、押してはいけない危険部位、力加減など危険な施術だけはしないようにして、あとは経験と勉強あるのみでしょう。

お客さんの反応を見たり、マッサージのプロが副業で働いている場合も多いので、そういう先輩に教えてもらったり、自ら講座に通ってみたり。

無資格でできる仕事なので、一定の技術の保証がされているわけでなく、下手な人に当たってしまったお客さんは不運ですが・・・

お客さんとして行く場合は、強すぎるとか痛いとか変だと思うことがあれば、遠慮なく言っていいと思います!

 

やりがい

私はとってもあると思います。

今はもっとマッサージのことを学びたくて、時々スクールに通ったりもしています。

マッサージ関連のスクールはすごく高額でなかなか手が出せず、今は単発の講座が中心ですが、いずれはもう少し本格的に勉強したいな。

 

今は世界一気持ちがいいと言われるタイ古式マッサージに興味があります。

次の旅の目的地をタイにして、本場のタイマッサージを学ぶことも考えています。日本よりに比べて安価で本格的な技術が学べるからです。

 

おわりに

副業と思って始めたマッサージでしたが、今は楽しくなってもっと本格的にやってみようと思うようになりました。

一般に働く側に不利と思われがちな歩合制というのは、「自由」というメリットがあり、私には向いているかなぁと思います。たまに待ちくたびれて嫌になるときもありますが。

今回の情報としては、私の個人的なもので、あまり一般化できるような話でなくてすみません。お店によって条件や環境は全然違いますから。

もしもマッサージの仕事に興味があったら、ぜひ自分に合うお店を見つけてほしいと思います。

 

最後までお読みいただいてありがとうございます。