試行錯誤な旅人生

放浪の旅から帰国した31歳女子。旅を続けていきたい人生と現実問題の間で、たまーに悩んで試行錯誤しながら前進(?)中。

鋸山で、海抜0mから裏鋸ルートで本格登山をしてみた。所要時間は?【千葉・鋸南町】

f:id:rejanaq:20170604090925j:plain

 

週末には多くの人が訪れる千葉有数の観光地・鋸山には、なかなか本格的なハイキングルートがあり、登山も楽しめることをご存知でしょうか?

低い山でありながら、広大で、見所満載な鋸山。

今回は、普段とちょっと違う裏口ルートから登ってみました。

 

鋸山とは

房総半島南部にある山。標高はたったの329m、関東百名山・日本百低山・房州低名山

登山、またはロープ―ウェーで登っていくと、日本寺の入口があり、境内の中に有名な地獄のぞき、大仏、展望台などがあります。

登山道は美しく、眺望は素晴らしく、観光スポットも充実した、ハイキングにはちょうどいい山だと思います。

 

【表側からの登山ルート

f:id:rejanaq:20170604113926p:plain

登山マップによると、登山ルートは5つ。ちなみに最もメジャーなのは「関東ふれあいの道コース(道が整備)」と「車力道コース(もうちょっと登山ぽい)」で両方とも片道1時間くらい。

 

でも実は、第6のコースがあるのです!!その名も裏鋸コース

 

裏鋸コース

f:id:rejanaq:20170604115427p:plain

 

通常のフェリー乗り場側ではなく、保田駅辺りから出発します。

登山マップにさえ載せてもらえないちょっとマイナーコースですが、私たちはひねくれ者のためこのコースにしました♪(実際は1日かけて登りたかったのと、混雑を避けたかったから^^)

 

 ご覧のとおり、長いです。覚悟してください。

結論から言うと、所要時間は4.5時間(日本寺の参拝+休憩含む)です。

登山道は、端的に言えば森の中をひたすら歩く感じ。舗装されてはいませんが、悪路ではないので、スニーカーでもOKです。

 

駐車場

フェリー乗り場やロープ―ウェー側にはいくつか無料駐車場がありますが、保田駅周辺には無料駐車場はありません。近くのコインパーキングに泊めるのが良いと思います。

 

持ち物

特別なものは特にありませんが、軽食と、水分は多めに持って行きましょう。道のりは長いです。

虫よけスプレーもあれば◎。

 

 

さて、準備が終わったらいよいよ出発~!

ちなみに、保田駅から海まではたったの3分!

ということで、ぜひとも海抜0mからの登山をしちゃいましょう。

(意味はないですが、気持ち的な問題)

 

登山口(林道口)まで

保田駅から林道口までは定期的に道しるべがあり、迷いません。

ただ、林道口にたどり着くまでが長いと言っておきます。

 なにせ、林道口までの道のりが頂上までの道のりの半分を占めています

 

f:id:rejanaq:20170604125223j:plain f:id:rejanaq:20170604130758j:plain

 

でも、いい感じの小道があったり、鋸山ダムがあったり、そんなこんなで林道口に到着します。

この日は日曜だというのに、誰にも会いませんでした。さすが裏鋸ルート。

誰もいないので自分のペースで好きに歩けるし、歌ったり踊ったりしても、(お連れ様以外は)誰も何も言いません。ひゃっほ~!

林道口までは、約1時間です。

 

林道口から頂上、展望台、日本寺入口まで

林道口からは表側ルートの林道コースと、「東の肩」からは沢コースと合流です。ただ、沢コースは上級者向け、林道コースも地味であまり選ばれないルートなため(すみません)、ほとんど人がいません。

 

f:id:rejanaq:20170604132637j:plain

登山道はトトロみたいなこんな道も多いです。

 

f:id:rejanaq:20170604132956j:plain

ここが頂上。意外と地味で頂上感があまりありませんが、頂上です。

林道口から頂上まで約1時間です。

ここはさらっと通って展望台に向かいます。

この辺りから、他のルートを登ってきた登山客と会うことが多くなります。

 

f:id:rejanaq:20170604133450j:plain

東京湾を望む展望台。おーっ!

ランチ休憩にはいい眺めです。しかし日差しを遮るものがなく、5月後半でも暑い!あとトンビに狙われるという噂もあります。

  

f:id:rejanaq:20170604134354j:plain

石切り場跡。迫力あり。

 

さらに進むと、、

f:id:rejanaq:20170604134634j:plain

地獄のぞきが見えます。ここまで来たらあと少し!

あとは急な階段を登るだけです。

 

日本寺を参拝

ここからはロープ―ウェー組とも合流。非常に混雑します。ちなみに日本寺を参拝せずに、下山するルートもありますよ。

参拝料600円を支払い、中へ。

 

皆さんのお目当てはやっぱりこちら。

 

地獄のぞき

f:id:rejanaq:20170604140411j:plain

 

f:id:rejanaq:20170604140443j:plain

地獄のぞきから下を見下ろすこんな感じ。おぉ~!

 

f:id:rejanaq:20170604140502j:plain

しかし、やはりここは千葉。もちろん行列があります。

ちなみに、先週行った富士急ハイランドのFUJIYAMAと同じくらい並びました(20分くらい)。

 

f:id:rejanaq:20170604141142j:plain

 

f:id:rejanaq:20170604141227j:plain

展望台から見える眺望は素晴らしいです。

 

そして、

百尺観音

f:id:rejanaq:20170604135536j:plain

 

日本寺大仏

f:id:rejanaq:20170604140248j:plain

 

さて、あとは日本寺境内を抜けて下るだけ♪

お疲れ様でした。

 

アクセス

裏鋸ルートで登る場合は、すでに書いた通りですが、保田駅周辺のコインパーキングに駐車、またはJR内房線の保田駅下車です。

表側からの場合は、浜金谷駅周辺の駐車場、ロープ―ウェーの駐車場、日本寺まで車で行き無料駐車場を使うなどの選択肢があります。

 

おわりに

どうでしたか?鋸山の裏ルート。

鋸山に行ったことはあっても、裏側からは登ったことは無い方も多いのではないでしょうか。

ちょっと地味ですが、静かでいいルートです。

気軽にな距離で本格登山を楽しみたくなったら。ぜひお試しあれ。